4.29(木・祝)映画館&auスマートパスプレミアム同時ロードショー さぁ、図書館に強盗に行かないか? 中川大志 岡山天音 関めぐみ 森田想 レイニ ゆうたろう / 田中俊介 佐野弘樹 山中聡 落合モトキ 角田晃広 菅原大吉 監督・脚本・編集:飯塚健
あの傑作ストーリーがついに映画化!謎が謎を呼ぶ、全く先の読めない痛快シニカルミステリー!

TRAILER

特報

CARACTORS・CAST

キャラクター相関図

STAFF

飯塚健/監督・脚本・編集

1979年生まれ、群馬県出身。2003年、22歳の時に映画『Summer Nude』でデビュー。以後、『放郷物語』(06)、『彩恋 SAI-REN』(07)など青春の切なさを生き生きと描く映像作家として頭角を現す。代表作に『荒川アンダー ザ ブリッジ』シリーズ(11 ドラマ、12 映画)、『風俗行ったら人生変わった www』(13)、『大人ドロップ』(14)、「REPLAY&DESTROY」(15 ドラマ)、『笑う招き猫』シリーズ(17 ドラマ、映画)、『榎田貿易堂』(18)、『虹色デイズ』(18) など多数。また、『FUNNY BUNNY』やブルーノート・ジャパンとの前代未聞のプロジェクトで大きな話題を呼んだ会場一体型コント劇「コントと音楽 vol.1 / 振り返れない」を始めとする舞台作品、ASIAN KUNG-FU GENERATIONやOKAMOTO'S、降谷建志らのMV、小説、絵本の出版と活動の幅を広げている。また、2021年には映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』の公開が控えている。

音楽:海田庄吾

1972年生まれ、奈良県出身。数々の映画音楽やドラマ音楽を手掛けている。管弦楽だけにとどまらず、あらゆる音楽の精鋭達とのセッションを通して得たユニークな音楽表現で多くの作品に参加している。主な代表作は、『百円の恋』(14/武正晴監督)、『ビジランテ』(17/入江悠監督)、『終わった人』(18/中田秀夫監督)、『虹色デイズ』(18/飯塚健監督)、『喜劇 愛妻物語』(20/足立紳監督)、『犬鳴村』(20/清水崇監督)、『ステップ』(20/飯塚健監督)、『アンダードッグ』(20/武正晴) など。『北の桜守』(18/滝田洋二郎監督)では第42回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。2021年は『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』(飯塚健監督)の公開が控えている。

撮影:小松高志

1966年生まれ、長野県出身。主な作品は『アヒルと鴨のコインロッカー』(06/中村義洋監督)、『ゴールデンスランバー』(10/中村義洋監督)、『映画 怪物くん』(11/中村義洋監督)、『グッモーエビアン!』(12/山本透監督)、『俺俺』(13/三木聡監督)、『ヒロイン失格』(15/英勉監督)、『トリガール』(17/英勉監督)、『旅猫リポート』(18/三木康一郎監督)、『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』(18/波多野貴文監督)、『春待つ僕ら』(18/平川雄一朗監督)、『映画 賭ケグルイ』(19/英勉監督)、『記憶屋 あなたを忘れない』(20/平川雄一郎監督)、『前田建設ファンタジー営業部』(20/英勉監督)、『ぐらんぶる』(20/英勉監督)など。

auスマートパスプレミアムに入会して
映画公開日に「FUNNY BUNNY」を配信で観よう!

auスマートパスプレミアム

まずは初回30日間無料で体験
auユーザー以外でもOK!
auスマートパスプレミアムを試してみる
close
close
人物写真

剣持 聡/中川大志

1998年生まれ、東京都出身。09年に俳優デビュー。テレビドラマ「家政婦のミタ」(11)で一躍注目を浴びる。主な映画出演作に『きょうのキラ君』(17/川村泰祐監督)、『ReLIFE リライフ』(17/古澤健監督)、『坂道のアポロン』(18/三木孝浩監督)、『虹色デイズ』(18/飯塚健監督)、『覚悟はいいかそこの女子。』(18/井口昇監督)など。大河ドラマ「真田丸」(16/NHK)をはじめ、「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(18/TBS)連続テレビ小説「なつぞら」(19/NHK)「G線上のあなたと私」(19/TBS)「親バカ青春白書」(20/NTV)などに出演。公開待機作に主演映画『砕け散るところを見せてあげる』(21/SABU監督)や『犬部!』(21/篠原哲雄監督)がある。さらに2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演を控えている。

人物写真

漆原 聡/岡山天音

1994年生まれ、東京都出身。09年に俳優デビュー。17年、主演映画『ポエトリーエンジェル』(飯塚俊光監督)で高崎映画祭最優秀新進男優賞受賞。主な映画出演作に『新聞記者』(19/藤井道人監督)、『ワンダーウォール 劇場版』(20/前田悠希監督)、『青くて痛くて脆い』(20/狩山俊輔監督)、『リトル・サブカル・ウォーズ ヴィレヴァン!の逆襲』(20/後藤庸介監督)、『ホテルローヤル』(20/武正晴監督)、『おらおらでひとりいぐも』(20/沖田修一監督)などがある。

人物写真

菊池広重/落合モトキ

1990年生まれ、東京都出身96年に芸能界デビュー。主な映画出演作に『ヒーローショー』(10/井筒和幸監督)、『GANTZ』(11/佐藤信介監督)、『桐島、部活やめるってよ』(12/吉田大八監督)、『MONSTERZ モンスターズ』(14/中田秀夫監督)、『娚の一生』(15/廣木隆一監督)、『天空の蜂』(15/堤幸彦監督)、『笑う招き猫』(17/飯塚健監督)、『AWAKE』(20/山田篤宏監督)など多数。公開待機作に『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(21/飯塚健監督)がある。

人物写真

藤井元伸/田中俊介

1990年生まれ、愛知県出身。2017年、映画『ダブルミンツ』で映画初主演。主な出演作に『ダブルミンツ』(17/内田英治監督)、『恋のクレイジーロード』(18/白石晃士監督) 、『デッドエンドの思い出』(19/チェ・ヒョンヨン監督)、『ミッドナイトスワン』(20/内田英治監督)、『恋するけだもの』(20/白石晃士監督)、『タイトル、拒絶』(20/山田佳奈監督)などがある。公開待機作に『異物』(21/宇賀那健一監督)やNetflix映画『彼女』(21/廣木隆一)がある。

人物写真

服部 茜/関めぐみ

1985年生まれ、神奈川県出身。2004年デビュー。主な映画出演作に『ハチミツとクローバー』(06/高田雅博監督)、『アヒルと鴨のコインロッカー』(07/中村義洋監督)、『彩恋SAI-REN』(07/飯塚健監督)、『包帯クラブ』(09/堤幸彦),『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』(10/松山博昭監督)、『県庁おもてなし課』(13/三宅喜重監督)、『相棒シリーズ X DAY』(13/橋本一監督)、『迷宮カフェ』(15/帆根川廣監督)など多数出演。現在放送中のドラマ「書けない⁉~脚本家 吉丸圭佑の筋書きのない生活~」(EX)に出演中。

人物写真

西門静男/菅原大吉

1960年生まれ、宮城県出身。映画・テレビ・舞台と幅広く活躍している。近年の主な出演作に映画『64 (ロクヨン) 』(16/瀬々敬久監督)、『相棒-劇場版IV-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』(17/橋本一監督)、『星屑の町』(20./杉山泰一監督)、『もみの家』(20/坂本欣弘監督)や「ケイジとケンジ」(20/EX)、「エール」(20/NHK)、「きのう何食べた?」(19/TX)など。公開待機作に『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(21/飯塚健監督)、『いのちの停車場』(21/成島出監督)などがある。

人物写真

秋尾秋好/角田晃広

1973年生まれ、東京都出身。2003年にお笑いトリオ「東京03」を結成。2009年に「キングオブコント2009」の王者に輝く。近年は俳優としても活躍しており、『オー・マイ・ゼット!』(16./神本忠弘監督))で映画初主演。そのほか、『男子高校生の日常』(13/松居大悟)、『笑う招き猫』(17/飯塚健監督)、『ステップ』(20/飯塚健監督)や、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(19/NHK)、「漫画みたいにいかない。」(18/NTV)、「遊戯みたいにいかない。」(19/NTV)、「これは経費で落ちません!」(2019/NHK)、「半沢直樹」(20/TBS)、などテレビ・映画で幅広く活躍している。

人物写真

安達 充/佐野弘樹

1993年生まれ、山梨県出身。主な出演作は『見えない目撃者』(19/森淳一監督)、『町田くんの世界』(19/石井裕也監督)、ドラマ「愛なき森で叫べ」(19/ Netflix)、「FOLLOWERS」(20/Netflix)、舞台『100/70 sea』『五反田団/新春工場見学会2020』、PV『THE ORAL CIGARETTES「ONE'S AGAIN」』などがある。

人物写真

新見 晴/レイニ

1998年生まれ、東京都出身。16歳の時に渡米し、4年間メイン州で過ごす。アメリカでの高校生活で音楽に触れる中、本格的に歌の道を志すようになる。日本に戻ってライブ活動などを経て、本作が演技初挑戦となる。 

人物写真

荒木広彦/山中 聡

1972年生まれ、茨城県出身。96年に俳優デビュー以降、多数のテレビ・映画に出演。主な映画出演作は『キル・ビル』(03/クエンティン・ タランティーノ)、『運命じゃない人』(05/内田けんじ監督)、『映画 鈴木先生』(13/河合勇人監督)、『風俗行ったら人生変わったwww』(13/飯塚健監督)、『クロス』(17/奥山和由・釘宮慎治監督)、『歩けない僕らは』(19/佐藤快磨監督)、『人数の町』(20/荒木伸二監督)、『映像研には手を出すな!』(20/英勉監督)などがある。

人物写真

田所 修/ゆうたろう

1998年生まれ、広島県出身。16年、可愛すぎる美少年モデルとしてデビュー。18年、『3D彼女 リアルガール』(英勉監督)で映画初出演、『かぐや様は告らせたい-天才たちの恋愛頭脳戦-』(19/河合勇人監督)、Netflixオリジナルシリーズ「Followers」(20)、ドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレ東)など話題作へ出演。2021年は主演ドラマ「青きヴァンパイアの悩み」(TOKYO MX)が放送中。

人物写真

遠藤 葵/森田 想

2000年生まれ、東京都出身。幼少より映画やテレビドラマ、CMなど出演作多数。主な映画出演作に『ソロモンの偽証』(15/成島 出監督)、『笑う招き猫』(17/飯塚 健監督)。主演作として『アイスと雨音』(18/松居大悟監督)などがある。ヒロインを演じる映画『辰巳』(小路紘史 監督)が2021年公開予定。

0%